【7月中旬】深緑シーズンの入笠湿原はノハナショウブ(紫)が鮮やかに彩ります。

7月の入笠山は深緑が進みます。入笠湿原では、一面のノハナショウブが見頃をむかえます。
入笠山全体が華やかで賑やかな雰囲気に包まれます。
入笠湿原に自生するノハナショウブは。色・形など他には見られない重要な資源とされ稀少な群生地にあげられています。
紅紫色の花で基部に黄色い部分が目立つ「はなしょうぶ」の原種とされている。花茎の高さは40cmから100cmになり、葉は剣形で全縁。花期は6月から7月で、赤紫色の花びらの基部に黄色のすじが入るのが特徴。
アヤメには網目模様が入り、カキツバタには白色から淡黄色のすじが入る。


さわやかな風が入笠湿原にふいています。
標高1734mの湿原では夏でも清涼感がありとても気持ちが良いです。

富士見パノラマへ行く!

0266-62-5666

PAGE TOP