【8月下旬~9月下旬】入笠湿原はエゾリンドウ(紫)が一面を彩ります。

初秋の入笠湿原ではエゾリンドウ(紫)が一面を彩ります。一面紫一色!見事な群生ですね。
【蝦夷竜胆・リンドウ科・多年草】山地の多湿地に生える。茎の上部および葉の間に紫色の花を咲かせる。
北方に多いことで蝦夷と名付けられた。少し早い初秋の入笠湿原は秋ならではの山野草が多く咲いています。 アケボノソウ(白)、マツムシソウ(紫)、ウメバチソウ(白)
エゾリンドウ(紫)と時期を同じくして咲き乱れます。この時期になると、秋晴の日も多く、視界も良好。
ハイキング、トレッキングにはもっとも適したシーズンとなります。

富士見パノラマへ行く!

0266-62-5666

PAGE TOP